ほら、目元ケアについてのことを考えてみた

瞼や目じりを被っている外皮は非常に薄いため、ほんのちょっとのかゆみやメイクなどの刺激でも肌トラブルにつながってしまう繊細な場所なのです。顔の各パーツの中でもとりわけ目の周りはちりめんじわが出来やすく、人知れず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

目の周りにちりめん皺が作られてしまうという原因は年齢によってさまざまで、カールマスカラやリキッドタイプのアイライナーなどのアイコスメをちゃんと落とす事が出来ずに素肌にストレスをかけていたり、洗う力のかなり強力なクレンジング洗顔料を使用していたり、強く洗い過ぎることによって本来お肌に必要な油分まで落としていたり、洗顔後の保湿ケアが不十分で生活すること続けてしまうこと可能性として挙げられます。さらに、パーソナル・コンピュータや多機能端末などの長時間の使用は目にストレスとなってしまい、不規則な生活スタイルと徹夜が重なることでどんどん目の疲労に繋がっていってしまいます。その結果この目の疲労も目もとの皺の主な原因になるかもしれないので気をつけなければなりません。

それらの生活習慣が原因で起こる皺を今よりも増えないようにする為には、アイブロウを落としたいときにはかならずアイメイク専用のクレンジング液を使用するようにして、アイライナーのしっかり落ちていない部分をのこってしまわないように洗い流すのです。更に、肌に水分を蓄える働きがあるceramideやコラーゲン等が含まれている美容クリームなどを使っていきながらちゃんとうるおいケアを行っていくように意識しましょう。リンクルアイクリームなどもしわ対策に効果的なのでお薦めです。

目の疲れを軽くしていくためには、温かいタオルを目元に当てて血の巡りを良くすることや、PCなどのデジタル機器を使う際にはちょっと休憩をはさむこともリフレッシュになると言われています。それ以外の目の疲れをやわらげる方法は、日焼け対策に日焼け止めジェルを塗る、強い紫外線をさえぎるサングラスをかける事などもとても有効です。そして、目もとをあまり擦らないように気をつけていくこともすぐ出来る疲れ目予防なのでお勧めです。