例の目元ケアのことを考えてみた

瞼の皮膚は顔の中でも特に薄いため、些細な外部刺激でも膚トラブルに繋がってしまうデリケートな場所なのです。顔の中でも目元は皺が出来やすいので、悩んでおられる方も少なくないと思います。

瞼や目じりに乾燥小皺が出来てしまうという理由は人によってさまざまで、カールマスカラやペンシルアイライナーといった化粧を落とす事がしっかりされていないために肌にダメージを与えてしまったり、洗浄効果が強力なクレンジング洗顔料を使用していたり、洗うときに力が入り過ぎてしまう事によって肌に必要なうるおい成分まで洗いながしてしまう、保湿が充分でないあったりすること続けてしまうこと挙げられます。また、パーソナル・コンピュータやスマートフォンなどの使いすぎは眼にストレスをなってしまい、慌しい生活スタイルと慢性的な睡眠不足が重なってしまうことでどんどん目の疲れが取れない原因に結び付いていってしまいます。そうするとこの眼球疲労もシワの原因になるかもしれないので気をつけなければなりません。

このような生活習慣が原因で出来てしまった目元の皺を今よりも増やさないようにする為には、アイシャドゥを落としたいときはなるべく目もとメイク専用のクレンジングクリームを使用するようにして、メイクのしっかり落ちていないところののこらないよう入念にします。肌に潤いを閉じ込める働きがあるセラミドやcollagenなどが豊富に入っている化粧水などを使いながらきちんと肌対策をしていくようにします。目元用のクリームなども皺対策に効果的なのでおすすめです。

眼の疲労を軽くしていくためには、ホットタオルを目元に当てて血液の流れを良くしていくことや、パソコン等のデジタル機器を使用しているときにはちょっと休憩することなどもよいとされています。そのほかの対策としては、日焼け対策に日焼け止めを塗る、強力な紫外線をさえぎるサングラスを掛けて外に出るなどもとても紫外線対策に有効になります。そして、眼のまわりをあまり擦らないように意識することは簡単に出来る疲れ目予防と言えるのではないでしょうか。