眼のまわりの縮緬皺の根本的な原因、そしてソリューションに関してこのページでしっかりとご確認ください

瞼や目じりの皮膚はとても薄いものなので、ほんの少しのかゆみなどの外部刺激でもお肌のトラブルに繋がるとても繊細な部分です。顔の各パーツの中でも特に眼の周りはちりめんじわが目立ちやすいので、人知れず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

瞼や目尻に乾燥小じわがよってしまう理由は年齢によってさまざまで、フィルムタイプマスカラやジェルタイプのアイライナーといったアイメークなんかをちゃんと落としきる事がしっかりされていないために皮ふに負担を与えていたり、洗浄力のかなり強力な洗顔料を使う、洗い過ぎしまうことによって肌に必要な潤いまで洗いながしてしまう、洗顔後の保湿ケアが不十分であったりすることがあげれられます。さらに、コンピュータや多機能端末などの長時間の使用は目に負担となってしまい、不規則でバタバタした生活や極端な睡眠不足が続いてしまうことによって眼のつかれ 疲れに結び付いていってしまいます。その結果この目の疲れも目もとの皺の原因となるかもしれないので気をつけなければなりません。

そのような生活習慣の積み重ねで出来てしまった眼元の皺を減らすためには、アイシャドウを落としたいときは必ず目元メイク専用のメイク落としを使用するようにして、アイシャドゥのきちんと落ちていない箇所をのこってしまわないように洗うのです。また、肌に水分を蓄える働きのあるセラミドやコラーゲンetcが沢山含まれてる乳液を使っていきながらきちんと丁寧にスキンケアをしていくように心がけましょう。アイクリームなんかも皺対策に効果的なのでおススメです。

目の疲労を軽減するためには、温かいタオルを眼元に当てて血の流れを良くすることや、スマホ等を使用しているときには休憩をするなども眼のリフレッシュになると言われています。その他の対策としては、紫外線対策として日焼け止めを塗ったり、強い紫外線を通さないサングラスをかけて出かけるetcもたいへん紫外線対策に有効です。そして、目のまわりを擦らないように気をつけていくことはだれでも簡単に出来る疲れ目対策なので今から初めるのもいいと思います。